当院の新型コロナウイルス対策|なんばクローバー歯科は難波駅前にございます。

当院の新型コロナウイルス感染防止対策
なんばクローバー歯科 home>新型コロナウイルス感染防止対策
なんばクローバー歯科の感染対策について

新型コロナウィルスが猛威を奮っています。みなさんも何かと不安な事が多いと思います。

未知の感染症に対しては「正しく知って正しく恐れることが大事である」と思います。

そこで私たち、なんばクローバー歯科ではこれまで平時から提供してきた感染予防対策よりも、より徹底したスタンダードプリコーションに基づいた感染防御への対策を実施しています。

「患者さんはもちろん、スタッフが感染することがない医院」として徹底した対策を行っていますので、ご紹介させていただきます。

当院の取り組み

みなさんの診療に関わる全てのスタッフ・ドクター・衛生士は、歯科用グローブ(患者さんごと、一回の診察の内でも必要に応じて複数回交換しています)・マスク・ゴーグル・フェイスシールドや滅菌ガウンの着用、会話による飛沫予防策のためインカムでの院内無線連絡等、徹底した対策を講じています。

これが現在の通常装備となります。なんばクローバー歯科では標準装備でお待ちしています

まず、感染を未然に防ぐため、入口玄関でスタッフが待機し、非接触体温計の測定により37.0°C以上、風邪症状等のある方の入室は誠に残念ながらお断りしています。

全ての方に入口で検温をさせていただきます

もちろん患者さんのみならず、毎回のスタッフ・関係者の入室を含めて全てに、入口にて検温・健康確認をしています。(これまでのところ、入室前の体温測定においては上記に該当した方はおられません。事前通告させていただいていることと、患者さん皆さんの配慮もあると感じております。)

感染防御スタイルのスタッフが非接触体温計で患者さんや出入りするスタッフを検温します

入口は開放し、常時換気しています。

また玄関に設置しているのは次亜塩素酸ミストを噴霧する装置です。これで室内の空気を強力に除菌しています。

次亜塩素酸ミストで室内を強力除菌

感染拡大を防がねばならない中、当初は大仰なことと按じられていましたが、当院の37.0°Cの検温といった厳しい管理体制や感染防御のスタイルはむしろ安心感があると高い評価を頂くようになりました。

診療では、普段の標準予防策(スタンダード・プリコーション)を更に徹底し、例えばレベル3 の高レベル感染防御マスク・フェイスシールドを使用。

レベル3の高レベル感染防御マスク、フェイスシールドを使用

チェアー周りの基本的な衛生管理

チェアーでは、ミラー・短針・ピンセット・エキスカベーター・充填器など治療に使用する各種のバーやタービン類のハンドピースの基本セットについては、使用後は「洗剤・薬剤での洗浄→超音波洗浄器に入れてのミクロレベルの洗浄→オートクレーブによる滅菌」を行っています。

治療器具など患者様のお口に入るものはすべて徹底した滅菌処理を行っています。

治療器具、タービン類のハンドピースは患者様ごとに交換しています。

洗剤・薬剤での洗浄→超音波洗浄器に入れてのミクロレベルの洗浄→オートクレーブによる滅菌といった徹底した滅菌体制です。

滅菌されたハンドピース類の基本セット

オートクレーブによる滅菌状況

また、水が飛散する治療を行う際は口腔外バキュームを使用しています。これは治療の際、口腔外に漏れる可能性のあるエアロゾルを発生源からしっかりキャッチし、さらにクリーニングフィルタで空気清浄もしてくれる優れものです。

新型コロナ感染対策中の診療状況

口腔外バキュームの使用により、院内環境はクリーンです

アシスタントが手にしているライトのハンドルには、患者毎に交換する感染防御用ビニールを使用

口腔外バキュームを使用

ご来院頂いた全ての患者様には、
@健康に関する問診をさせて頂きます。
A手指の消毒をお願いしております。

この度の事態の1日でも早い終息のために、皆様に安心して歯科診療を受けて頂くために、スタッフ一丸となってできる限りの事をしております。

お陰様で、入口からはじまる当院独自の感染防止対策を既にご存知な方からは、「ここなら安心」と多くの患者さんからご支持をいただいています。どうかみなさんでこの困難な状況を乗り切りましょう。

当分の間は予約制限等も行っております観点から、皆様にはご不便をお掛け致しますがご理解・ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

院長 共田 京太

なんばクローバー歯科はより安全性が確保される装備、体制づくりに積極的に取り組んでいます

全員が無線連絡用インターカムを装着。スタッフ間は大声を出すことなく飛沫を予防し、スムーズな連携を取ります。

院内のスタッフは感染防御マスク、フェイスシールドを着用、飛沫をブロックしています。

診療チェアーは各診療ごとに消毒するのはもちろん、ドアノブ・操作盤・器材、受け付けカウンター、待ち合い室の椅子、患者用トイレ内部など、患者さんたちが触れるところは全て1時間ごとにスタッフがアルコール消毒を徹底して行っています

スタッフは、患者様一処置ごとに手洗い

手洗い後に手先のアルコール消毒をしています

感染予防のため、雑誌類の撤去

みなさんでこの困難な状況を乗り切りましょう!

Copyright(C) なんばクローバー歯科All Rights Reserved.
  • Call:06-6586-6070
  • LINEで無料相談